読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華奢な5人で乗り込む揺れる船

ご無沙汰してしまったようです。GWは友達2人が遊びに来てくれたし,友達2人が帰ったあとは連夜キスマイのDVD*1を見ていたので忙しかったのです。ちなみに見たDVDは『Snow Domeの約束 in Tokyo Dome』『Kis-my-ftに逢える de show』『Debut concert Everybody go』の3本なのだが,うん,ちょっと1回見ただけじゃ感想書けそうにないし,そもそも感想云々の前に見るのに必死であんまり覚えてないし,なのでとりあえず今回は書きません。

私にとって最近の大ニュースと言えば,嵐のハワイ公演が決定したことだろうか。しかしこのニュース,私は結構複雑な気分で受け取りました。率直に言ってやり過ぎじゃないか?「デビューの地ハワイで」という名目がなんだか薄っぺらく響く。だってチケットのみでの販売がないんでしょ?チケットを含めたツアーパックで販売,そのために日本各地からJALが100機の臨時便を飛ばして,ってもうやることのスケールが違い過ぎる。なんだかいろいろな癒着も感じられるし。綺麗ごとだけでつとまらない世界なのは百も承知だし,「手が届かなくなってさびしい」などと「古参」ぶる気はさらさらないけれども,なんだかさすがにここまでくると広島グリーンアリーナとか行っていた頃が懐かしく思えてきますよね。そもそもツアーパックで販売されるって,ターゲット層はどこなんだ?

なんだかそういう諸々のことを考えるに,ずいぶんファンに寄り添っていない企画だなぁと思わざるを得ないのです。ジャニーズのコンサートって,ステージ真ん前であろうが天井席であろうがチケット代一律6000円とかで,それによってすべてのファン(年齢層問わず)に平等に門戸が開かれている感はあった。まぁ開催地も限られるから賛否両論あろうけれども(でもそれは仕方ないと思っている)。なのに今回のこのハワイ公演は,もう最初から申し込める人が限られてくるじゃないですか。学生にはまさか手が出ないだろうし。誰のためのコンサートなんですかね。なんだか虚しくなってしまう。むやみに嵐を大きい存在に仕立て上げて,その先に何を見ているのだろう。10周年の『5×10』,あれくらいで十分じゃない。あれくらいが一番よかったじゃない。国立競技場使えないけど。

そういうわけで,この歴史的瞬間を見届けたいというミーハー的願望はなきにしもあらずだけれども,でもやっぱり,私は別にいいかな。そもそも嵐ファンとして私はまったく「現場」重視ではないし(じゃないと今もう嵐ファンなんてやっていられない)。そんなお金があるなら別に回すかな。とりあえず,キスマイのライブ日程を早く出していただきたい。

*1:友達が持ってきてくれたので!サンキューベリーダンス