読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キースマイキスキスミー

さて今日はキスだらけの日でした。といっても私が行き交う人々に手当り次第接吻して歩いていたわけではない。ちなみに今日のタイトル「キースマイキスキスミー」はこちらの日記にたどり着かれた方の25%が検索ワードに使っていらしたもの。たぶんこちらの日記で何度も何度も言及した,キスマイの名曲『Kis-my-me-mine』のサビです。

1. ロアルド・ダール『キス・キス』

Kiss Kiss

Kiss Kiss

 

 高2の時だったか,英語の教科書にこの本から"Landlady"という短編が載っているのを読んで以来,ずっと欲しかったのに買いそびれていた短編集。"Landlady"はこれが教科書に,しかも高校英語の教科書に採用されるのかと驚いたのをよく覚えているような話で,柚木麻子がドラマ『家族ゲーム』を評した時に使った言葉を借りればミヒャエル・ハネケ作品風のひんやりした不快感」がある。思いっきりホラーでもなくサイコスリラーでもなく,その中間を行くような,え,まさか,やめて,と思っているうちに決して核心をついてくれることなく,寸止めで物語が終わる感じ。ちなみにこの"Landlady"は口頭でハウスメイトたちに話しただけでも結構好評だった。今日Hodges Figgisに研究文献の注文をしに行ったついでに,ふと思い出してDahlの棚を調べたらあったので,ついに買った。ほくほく。さっそく1編読んだ。

今日読んだのは"William and Mary"という短編なのだが,なかなかこれも気持ち悪かった。じわじわ追い詰められていく感じは"Landlady"に少々劣るし,Williamが妻Maryに宛てた手紙は結構冗長ではあるのだが,最後1ページでいきなり物語が疾走する。他の話を読むのも楽しみ。なお,私なんかが今更書かなくても結構知られているとは思うが,ロアルド・ダールの英語はとても簡潔で読みやすいので,英語学習に最適です。上にも書いた通り,高校英語の教科書に採用されるくらいだし。

2. キスマイ四大ドームコンサート開催決定

 帰宅してちょっとうとうとしながら上記の『キス・キス』を読んでいたらいきなり飛び込んできたニュース。今発表で,アルバム発売が7月2日で,7月5日から開催って何事!! もう7月はないだろうと踏んでいた(妹とそのように議論していた)が,早まって8月の航空券を取ったりしなくて本当によかった。京セラ and/or 福岡の参戦を狙って,7月6日くらいから帰国しようと思います。現時点での私の第一希望スケジュール。

7/6 ダブリン発→7/7 日本着

7/7-14 東京滞在(7/8 KAT-TUN国際フォーラム)

7/14-8/4 岡山(7/25-26 キスマイ京セラ,8/2-3 キスマイ福岡)

8/5 上京→8/6 ダブリンへ戻る

こんな感じ。ジャニーズによっておのずと東京滞在期間も定められるこの感覚,全然嫌いじゃないです。あとは航空券の取れ方次第。 ちなみに罪悪感なくジャニオタ活動を心から楽しみたいので,第5章も書きますよ,投稿論文も書きますよ,論文紹介も書きますよ。目標ができると人生が輝きますね。こんな28歳の夏,嫌いじゃないですよ。