読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『今日もてんてこ舞』創刊(?)のごあいさつ

ご覧の通り,タイトルを変えました。新しいタイトルは「今日もてんてこ舞」といたしました。

昔から「てんてこ舞」とか「きりきり舞」とか,そういう言葉に自分の名前である「舞」が入っているのがとても好きでした。より切迫感がある気がする「きりきり」よりも,どこかふざけた「てんてこ」の方がなんだか自分っぽく感じられ,最終的にこちらを選びました。「きりきり」というとハイヒールで忙しく立ち回っているような印象だが,「てんてこ」というとなんだか上履きで転びながら走っているようではありませんか?ちなみにこの「てんてこ」は太鼓の音を表すのだそうです。なんともリズミカルな言葉ではありませんか。

また,辞書によれば「てんてこ舞」には「うろたえて立ち騒ぐこと,あわてること」の他にも,「喜んで小踊りすること」の意味もあるようです(管見の限りでは「きりきり舞」の方にはなかった)。なんだか喜怒哀楽をコンパクトに詰め合わせた言葉「てんてこ舞」。うろたえて立ち騒いで,あたふたあわてて,でも最後には喜んで小踊りするような日々が送れればとの祈りも込めて,こちらを選びました。

ついでに「今日も」をつけ,私が毎日空回って転げ回っている様子をより強く演出してみました。最初「てんてこ舞」だけにしようかと思ったのですが,どこかさびしかったのです。なので飾りをつけてみました。するとあら不思議,一気ににぎやかになりました。エヴリデイてんてこ舞。ラ・ヴィ・アン・てんてこ舞(違う?)。なんだかこうしてみると楽しいではありませんか。

そういうわけで,手前味噌ながら,いたく気に入っております。みなさま『舞姫』同様,『今日もてんてこ舞』をどうぞよろしくお願いいたします。