読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I have several choices

メアリーとはおととい「今年もTAやる?」ということについても話し合ったのだが,「それにしても募集遅いね」「去年は5日にはもう募集来てたけど」とか言っていたらその次の日(つまり昨日)には募集が来た。メアリーは大学から奨学金を受けているので,TAは必須条件であるらしい。I have no choice,と言っていた。私はどうしようかなぁ。

今年はTAをやりたい理由とやりたくない理由が両方ある。まずやりたくない理由は,単純に準備にかなり時間がかかるから。週末は両日つぶれるし,緊張もするし。やりたい理由は,積極的にはもちろん去年やって楽しかったからというのがあるし,消極的には少しでも貯金を作っておかなければというのがある。奨学金も今年度で終わるし。論文があと1年で終われば理想的だが,そうならなかった場合のことをそろそろ考えておかなければならなさそうなのである。最近いろんな先輩方にメールを送って奨学金が切れたのちの金策などについて聞いてみたのだが,思った以上に茨の道であった。学費はご実家の援助を受けつつ,「留学生の友達はピアノを教えたりしていた」など(!!)。そう考えると,もちろんTAによって得られる収入など本当にごくごくわずかだし全然割にもあっていないのだが,収入減があるのとないのとでは全然違うだろうし。

とりあえず応募フォームだけは作ってみたのだが,提出するかどうかはもうちょっと考えよう。