読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反省と展望

先日シャワーのことを愚痴ってからというもの,そのあとなんとなくFacebookなど開いてみたらマドリッドに留学している知人がオシャレにカフェでケーキなど食べている写真を投稿しており,なんだかとても反省したのであります。文句ばっかり言っていてもきりがないし,ルサンチマンを抱え込みながら鬱々と留学生活を送るのも健康的とは言えないし,私ももう少しこちらのいいところも見ながら,やはりできるだけ早く帰れるようにがんばろうと初心に戻ったのであります。まぁ,私も何やかや食べ歩いたり観劇したりなど楽しく過ごしてはいるので,引きこもってノイローゼ気味のホームシックに喘いでいるというわけでもないのだが。でもポジティブに考えてもやっぱり生活水準は明らかに下がっているしむしろ下がりっぱなしだし,なのでやっぱり,さっさと書いてさっさと帰るという目標は見失わないようにしようと思う。

そしてその目標を実現する第一歩として,とりあえず今日はコークの文書館に予約を入れた。金曜日に行ってきます。指導教官にも「書き上げられるかどうかは史料調査の進み具合にかかっている」と言われたことだし。史料調査,しようじゃないの。どんどん。

f:id:Mephistopheles:20141020084800j:plain

f:id:Mephistopheles:20141020112614j:plain

週末はマックス・プランク研究所に短期滞在中の友達が遊びに来てくれたので,こういうダブリン短期滞在時の常套手段であるウィックロウ&グレンダロッホ観光へお連れした。秋に行くのは初めてだったのだが,鮮やかな黄や赤に染まる日本の紅葉と違い,こちらの秋は全体的に茶色っぽくて,それがまたとてもきれいだった。