読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Alexandra College

本日の史料調査先は我が家を少し南下したところにある名門女子校Alexandra Collenge。

http://instagram.com/p/u-T-TxDzKu/

何この家!? と思ったらハロウィンの残滓でした

不満たらたらのインスタをまたもや試したりしながら,高級住宅街を抜けて件の女子校へ向かいます。基本的にダブリンは南へ行けば行くほど高級住宅街になっていくので(反対に北は総じて治安がよくない),立ち並ぶ立派な綺麗なお屋敷を見ながら歩くのはなかなか楽しいものがありました。ひさしぶりにこっちの方に来たなぁ。

f:id:Mephistopheles:20141105073841j:plain

歩くこと30分くらい,迷うこと5分くらいでAlexandra Collegeに到着。

f:id:Mephistopheles:20141105073859j:plain

私は史料調査先を含む一人旅先(一人旅でなくても)で,いつも旅の最初にこの写真を撮るのですが,これには2つの意味があります。1つはパソコンに移してサムネイル表示した時に「どこからがこの時なのか」(今回だとどこからがAlexandra Collegeの史料なのか)をわかりやすくするため,もう1つはただの,いわば「ビジターズ・ハイ」です。

今回の目的はこちらの女子校が発行していた校誌で,その中に生徒たちが組織していた読書会の記録があるらしいというのはこちらで書いた通り。これを司書さんであるエイリーンに頼んで見せてもらうことになっていたのだが,てっきりアーカイブに案内されるものと思っていたら,普通に図書室に案内された。え,なんか調べ学習みたいな授業やってるし。びっくりすることにはこちらの生徒さんたち,いきなり私のようなアジア女が図書室に入ってきて机を占領しても驚いた顔ひとつしない。そもそもこの学校には中国系の女の子も多く通っているようだったし(これにも驚いたのだが),アジア人自体はそんなに珍しくないのかもしれない。

f:id:Mephistopheles:20141104142634j:plain

エイリーンが作ったハロウィンブックリストが貼ってあった。ロアルド・ダールの『魔女がいっぱい』は私も大好きだったなぁ。

エイリーンが出してくれた(図書館なのに)コーヒーを飲みながら調査を開始したが,思った以上に写真におさめるべきところが多い。「読書会」というよりもLiterary Societyなのだが,この活動記録がきっちり毎号おさめられているし,他にもいろいろ興味深い記事が多い。巻末にイギリスの名門大学(オクスフォードとか)へ進んだOGたちからの「卒業生だより」という形で各大学の紹介がなされているのも,いかにも名門女子校の風情である。結局今日一日で調査は終わらず,木曜にもまた来させてもらうことになった。

ところで,授業が行われている女子校に入るのは実はこれが初めてだったと思うのだが,生まれてこの方ずっと共学だった人間にとっては大変興味深いところでした。まず,いくら名門校といってもティーンエイジャーの女の子が集っているのである。うるさい。私はずっと図書館にいたのだが,図書館はパソコンが設置してあるので何かの授業に使っているようで,チャイムが鳴るたびに生徒たちが入れ代わり立ち代わり入ってきて何やら楽しげに話しながらパソコンを操作している。そのうちひとつの授業ではおそらく先生がものすごく怖いと見え,席についてしばらく笑いさざめいていた生徒たちが先生の"GIRLS, I don't want one sound"の一声で一発で静かになっていたのが面白くて思わず笑いそうになった。おっといけない,"one sound"も立ててはいけないのだった。

そして図書館は吹き抜けになっている2階に位置しているのだが,吹き抜けの下にはちょっとした広場があり,おそらく音楽の時間なのだろう,毎時間コーラスが聞こえてきた。選曲がよくて,最初の時間はABBAの『Dancing Queen』,そして次はアラジンの『A Whole New World』。You are the dancing queen, young and sweet, only seventeen……そうか,本当に17歳やそこらのyoung and sweetな子が集まっているんだなと思いながらBGMを楽しんでいた。You can dance, you can jive, Having the time of your life,そうよ17歳なんてなんでもできるわ少女たち,人生を楽しめ,と思っていたら,最後に聞こえてきたコーラスが『Diamonds are a girl's best friend』だったのにはぶったまげた。A kiss may be grand/ But it won't pay the rental/ On your humble flat,ってティーンエイジャーの女子たちに教え込む歌ではないだろう!Men grow cold as girls grow oldって!なんてこった,エリート女子校。さすがだ。さすが婦人参政権運動家を多数輩出した学校なだけある。恐れ入った。もしかしてABBAだって,今日たまたま『Dancing Queen』を歌っていただけで,他の日は『Gimme! Gimme! Gimme!』とか『Money, Money, Money』とか歌わせていたりするかもしれない。

He's your guy when stocks are high/ But beware when they start to descend

(株価が高いときは彼はあなたの彼氏だけど,株が下がり始めたら気を付けなさい)

It's then that those louses/ Go back to their spouses

(つまりそのとき,クズたちが連れ合いのところへ戻るってことだから)