読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「このWebブラウザでは記事がうまく書けません」

遅ればせながらようやく今年度も学校でインターネットに接続できるような環境を整え,記念に学校のWi-fiを使って書いてみようと思って図書館から投稿している。スマホの設定も整えたので,スマホでは無駄に東洋経済オンラインなど開いている。それにしてもこのコラムおもしろくないわ。なんだ『「家入一真」とはいったい何だったのか』って。「若者よ,君の味方を装う奴に気をつけろ」とかサブタイトルついてはいるけども,私には読めば読むほどこの常見某という評論家の方が「若者の味方を装う奴」に思えてならないのだが,まぁそれはいいとして。

さてですね。冒頭から戦闘的であるのには理由があるのである。Wi-fi開通記念にひとつ日記でも書いていこう(今日はスカッシュにも行って疲れたから,帰っても日記書かない可能性もあるし)と思ってこちらのページ開いたら,なにやら注意書きが出ている。

f:id:Mephistopheles:20141119050553j:plain

なに「推奨ブラウザをお使いください」って。「このWebブラウザでは記事がうまく書けません」ってどういうこと。不思議に思ってクリックしてみますと,

f:id:Mephistopheles:20141119050652j:plain

何様のおつもりでしょうか?

まず「新しいWeb技術を出来る限り採用していきたい」のはいいですよ。で,なに?この「だからお前らもそうしろ」みたいなおっしゃり方は。しかもそのあと「お問い合わせ等でのサポートをいたしかねない」?なに?恐喝まがいですか?

何のブラウザを使うかなんて,こっちの勝手ではないですか。私は普段Internet Explorerを使っていて,よっぽどの時じゃないと他のブラウザは使っていない。それはただ単にExplorerが使い慣れていて使いやすいからである。Explorerに脆弱性があるとか,ほとんどの人はChrome使っているとか,そういうことは重々承知の上で使い続けている。といっても意固地になってChromeを拒否しているわけでもなくて,少なくとも私には特に何の魅力も感じなかったので,インストールはしたけれどもそのまま(タスクバーには置いてあるが)放置しているに等しいというだけである。ちなみに私のInternet Explorerは11で最新のものなのだが,それでもこんなメッセージが出たし,実際にボールド表記などができなくなっていたから(今は怒りに震えながらChromeを開いている),要するによっぽどのことがない限りChromeにしろよとでもおっしゃりたいのだろう。まったく理解に苦しむ。こちらが指図される筋合いなんてわずかもないと思うのだが。それとも,こちらはなんだかんだいっても無料でサービスを享受させていただいている身の上なのだから,運営側の言うことには黙って従えということなのだろうか?

私はこの日記を書き始めてからというもの,実に9年半の間はてなを愛用していて,他のブログに変えようと思ったことは一度もなかった。それはひとえに,はてなのユーザーフレンドリーさがとても好きだったからである。私はパソコン関係に全然詳しくないけれど, その私でも簡単に扱えるうえ,表示もとてもシンプルでわかりやすい。はてなブログになってからは,「見たまま編集」機能のおかげでますます使いやすくなったと思っていたところだった。数年前までは広告が出なかったが,それも好きだった。思えば,広告が出始めたころ他に変えておくべきだったのかもしれない。少なくとも他のブログなら,どのブラウザを使えなんてユーザーに指図してはこないだろう。どうも最近のはてなは,何かを履き違えていらっしゃるのではないか。auが学割をやめた時と同じ類の怒りを感じてならない。あなた方は何によって圧倒的な支持を得たと思っていらっしゃるのですか?

私は何もブラウザを変えるということだけにものすごく抵抗しているわけではない。ブラウザを変える必要があるのならそれでもいい。しかし,それなら,ちゃんと理由を懇切丁寧に説明する必要があるのではないか。何なの「新しいWeb技術を出来る限り採用していきたい」から「お前らもブラウザ変えろ」って。論理飛躍にも程がある。少なくともその間に3段階くらい説明しなければならないことがあるはずだ。「何?まだそんなブラウザ使ってんの?」ってせせら笑われたようなもんだと思うのですけど。しかもご丁寧に,「どうせ難しいことは言ってもわからないだろ?黙って変えとけよ」「変えないならサポートとかもうできないから」とまでおっしゃる。言葉は悪いが要するにこういうことでしょう。一方的にも程がある。本当に気分が悪い。

とりあえず今後ともこちらの日記は書き続けるつもりだが,私がはてなを使い続けるのはもはやはてなへの信頼ゆえではなく,こちらに積み重ねてきた10年間を白紙に戻すのは惜しいからという,ただそれだけの理由である。はてなにも誠意がまだ残っているのなら,他のブログにもこれまでの記事をインポートできるようにでもしていただきたいものだ。だったらすぐにでも移動先を検討しますから。