読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome

それはびっくりするほど,キラキラして格好良くて,いつもの見慣れた「ジャニーズのドームコンサート」だった。

 NEWSファンのお友達からお借りしたDVDの2本目。このDVDはNEWSの10周年を記念したライブツアーの東京ドーム公演を収めたもので,アルバム『NEWS』がベースになっている。10周年記念ライブのDVDということで,今週のお題「10年」に絡めて書いてみようと思う。

このアルバム『NEWS』自体,私は本当に好きなアルバムなのである。*1今やNEWSの代表曲となった『チャンカパーナ』を筆頭に,先日書いたWORLD QUEST』,「歩き出せたよ 待っててくれたんだね?」という歌詞が入り,4人体制のNEWSの決意表明とも取れる『4+FAN』,NEWSらしい爽やかな『渚のお姉サマー』,これまた初期NEWSを彷彿とさせるセクシーな『Dance in the dark』など,超のつく名曲揃い。歯を食いしばって逆境に立ち向かったり,年上の女性を前に背伸びしたり,仲間とはしゃいだり,セクシーに誘惑したり,男の子*2の様々な魅力的な姿が,この1枚の中に詰まっている。

前回の「美しい恋」コンサートは活動休止明けの1回目ということで,どちらかといえば新生NEWSの「結成式」のような色合いが濃かった。今回は10周年記念も兼ねられているということで,「美しい恋」よりももっと感動的なのかと思っていたが,再生を始めてみるとなんというか,意外にというか,見慣れたいつもの「ジャニーズのコンサート」である。それどころか,メンバーそれぞれが本当に息を呑むくらい格好良く,ソロ曲もそれぞれに魅力的で,おまけに増田貴久のプロデュースだという衣装も素晴らしい。*3「美しい恋」の時は「ファンが集まってくれた」というそれだけのことに対してメンバー自身も素直に驚き感激していた風だったが,今回はそんなことはなかった。ジャニーズのアイドルとして,自信に満ちた姿でファンを煽っていた。しかし,だからといって謙虚さが消えたというのではない。むしろジャニーズのアイドルというのは,そういうものなのだ。競うように観客が集まって当然。会場は埋まって当然。これまた余計なお世話なのだが,私はこれまでの経緯から,NEWSが謙虚を通り越して卑屈になりかねないのではと微かに心配していた。しかしそれは杞憂だった。NEWSはジャニーズコンサートの聖地・東京ドームで,とても堂々として,また楽しそうだった。そしてそれが,私には何よりうれしく思えた。

しかしそれを考えていたのは,メンバーも同じだったらしい。最後の挨拶で4人が4人とも,口々に「もうドームではできないんじゃないかと思った」と語っていた。やはりジャニーズのアイドルにとって,「ドームでコンサートをする」ということがどれほど大きく重いことなのか,この言葉がシンプルに語っている。ホールやアリーナなどの比較的小さい会場から始まり,デビューからの年数を重ねるにつれて徐々に会場が大きくなっていくというのがジャニーズアイドルの王道だが,彼らは独自の事情により,その右肩上がりのスター街道を歩むことができなかった。6人時代に当たり前に埋めていたドームから一旦小さな会場での開催となり,その後でのドーム公演はいかばかり感慨深かっただろうと思う。しかし同時に彼らは,秩父宮ラグビー場を新たな「聖地」とすることに成功した。それはドームを埋めることよりもなお難しいことではないだろうか。これこそ,小さい会場で腐ることなく真摯に自分たちの今と向き合い続けたNEWSの最大の成果でなくてなんであろう。『4+FAN』の冒頭には,「時に難問乗り越え僕らは『勝ったんだ』」という歌詞がある。このカッコつきの「勝ったんだ」が雄弁に物語るのは文字通り,一見して「勝った」ように見えない新生NEWSが実は勝者なのだという真実だろう。紆余曲折の10年ののちに彼らが手に入れたものは,ただの同情票ではなく,数回の変容によって得たポジティブなイメージであり,また多くのファンに「6人時代より今の方がずっと好き」だと言わしめる信頼だと思う。

また彼らが,これまた最後のあいさつで「もう泣かない」という旨のことを言っていたのも印象的だった。*4「美しい恋」の時はそれこそメンバーもファンも涙にあふれており,それがとても美しかった。今回も泣けばきっと感動的な映像になったのだろうが,彼らは安易にそれを選ばなかった。その姿は本当に清々しかった。デビュー後10年を迎え,新しい10年へと入っていく今,彼らが「お涙頂戴」に頼る気はないのだと実感した。それは上述した通り,彼らが卑屈になったらどうしようと心配していた私にとって,とても頼もしかった。幾分ドラマティック過ぎたこれまでの10年が,彼らに待っているこれからの10年に,いや20年30年に,最高の形で報いてくれることを心から願ってやまない。「FAN GOTTA LOVE 4」,そう,ファンは4人のNEWSを,これからもずっと,今までよりもずっと,愛している。

ああ,それにしても,かえすがえすも悔やまれるのは,Whiteツアーに行けないということである。せっかく誘っていただいたのに!! まぁ,でも,帰国後の楽しみがまたひとつ増えました。そして最後にまりるさん(@beans2727),2本のDVDを貸していただいて本当にありがとうございました!

*1:『NEWS』に限らず,NEWSの曲には贔屓目なくいい曲が多い。脱退した元メンバーたちはああいう曲をもう二度と歌えなくなるのかと思うと,むしろ私は彼らが気の毒なくらいである。

*2:私の中での設定主人公は大学生。

*3:私が一番気に入ったのは『Dance in the dark』のあたりで着ていたスタッズ付きの銀のジャケット。攻撃的でセクシーでとてもよかった。

*4:増田くんは結局泣いてしまうのだが,それがまたかわいかった。