読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今後のAskの方向性につきまして

私は幸いにしてAskでいろいろご質問をいただいていて,もちろんご質問をいただけること自体はとてもうれしいのですけど,最近ちょっと,あれっ,と思うようなご質問が多くなってきました。いや,最近でもないか,ちょっと前からではあるのだが。というわけで,勝手ながら,今後はお答えするご質問をこちらで選ばせていただくことにしようかと思っております。しかしもちろん,大半のご質問にはきちんと,これまで以上に誠意を持ってお答えしたいと思っていますので,一度きちんと,どんなご質問は受け付けられないか書いておきたい所存です。

まず,匿名でのご質問において,私のことを「舞ちゃん」とお呼びになるのはご遠慮いただきたく存じます。いきなりの「タメ口」も同様です。しかし,昔から思っていたのだが,これはわざわざここで注意書きをしなければならないことなのか。年齢を隠していないのでほとんどの方がご存知かと思いますが,私は現在29歳です。ほぼ4ヶ月後には30歳になります。……質問をくださる方が私より年上であるか年下であるかに関わらず,初対面あるいはそれに準ずる関係性で,「ちゃん」と呼ばれる齢でもないと思うのですよ。

もちろん,Askでご質問をくださる方の多くがこの日記もご覧くださっているようで,誰かのブログを読んでいるうちに筆者に親近感が芽生えてくることは多々ありますし,もし私に親近感を抱いてくださるのだとしたら,それはとてもうれしいことです。しかし,親近感と馴れ馴れしさはまた別のものだと思います。それに何より,いきなり「舞ちゃん」と呼ばれてしかも馴れ馴れしいと,不愉快とかそういう前に,警戒するんですよ。都会育ちのもやしっ子が迷い込んだ異世界で魔女の片腕として働く美少年よろしく,なにも「私のことは舞様と呼べ」などと言うつもりはありません。匿名の方,あるいはAskアカウントをお持ちでなく,なおかつご自分のお名前を名乗りたくない方は,「さん」付けで呼んでいただければ大変ありがたいです。

それから,これはこうとしか言いようがないのですが……Askを使って私に甘えられても困ります。「やる気がでなくて論文が進みません。どうしたらいいですか」みたいなことを言われて,私は何とお答えすればよいのでしょう。「そうですよねー,やる気でないのにやらなきゃいけないの辛いでちゅよねー,よちよち」とでもお答えすればよいのでしょうか。答えません。しかも,なぜかこういうご質問って,どうも同業の方から多くいただいているような気がするのですよね。同業の,しかも同分野の方々から。もし,本当にもしそうだとしたら今すぐやめてください。ただでさえ現在,日本では人文系学部の改廃が取り沙汰されていて,今まで以上に人文系研究者が成果を出していかなければならないところに,そんな「人文系研究者≒廃人」みたいな誤った図式を世間に覗かせてしまうような質問を公にしないでいただきたい。私は人文系研究者の端くれとして,今の状況がとても悔しいし,嘆かわしいし,だからこそ人文学が世の中の役に立つことを知らしめていきたいものだと常日頃から思っています。この言い方で通じない場合のためにわかりやすく書き換えておきますと,指導教官にも同じことを尋ねることができるようなご質問をお願いしたいです。で,指導教官に聞けるなら指導教官に聞くわ,と反論があるとしたら,正解。研究の悩みは,たいていの場合,指導教官の先生に相談なさった方が早いですよ。「どうしてもやる気が出ない」とか,深刻な場合はぜひ,私に質問なさる前に,学校の保健センターでカウンセリングの予約をしてください。というわけで,いずれにせよ私には解決できない。なぜかと申しますと,私もただの院生だからです。

あと,「甘えないでほしい」とも関連しますが,誘導的なご質問もお許し願いたいと思います。誘導的とはどういうものかと申しますと,「えっ,もう絶対答え出てるでしょ」と思われるようなご質問です。もっと言えば,「ああ,私にこんな風に言ってほしいんだろうな」というのがありありとわかるようなご質問です。お会いしたこともない方の決断を代行できるほど,私の責任感に空きはない。これは「甘えないでほしい」の場合もそうで,お会いしたこともない方の無気力を叱咤するほど,私は暇でもありません。もしそれをお望みになるなら,SMクラブにでもいらしてください。好みの女王様が思う存分叱咤/罵倒してくださるはずです。それに,これは経験則なのですが,たいていご決断を人に委ねる方というのは,それがうまくいかなかった時に「○○がそうした方がいいと言ったから」と人のせいになさるもので,だとしたらますます,私にメリットはない。あなたがやりたくないことは,私もやりたくない,ということです。

今後絶対に受け付けないタイプのご質問は以上の通りです(たぶん,難しいことを言っているわけではないと思います)。つまり今後は,本当に困っていらっしゃる方が私に意見を求めてくださった時か,もしくは本当にただの「お遊び」のご質問(ジャニーズ関係など,趣味やプライベートに関するご質問はこちらにあたります)で,かつ上記のタイプに当てはまらなかった場合にのみ,お答えしていく所存です。偉そうなことを申しまして恐縮ですが,みなさま,なにとぞご理解いただければ幸いに存じます。