読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Instagramとの和解

https://instagram.com/p/8eKZm2jzLk/

Now I'm back in the range (DURC is the abbreviation of Dublin University Rifle Club). Everyone can call me "Die Freischuzerin" if you like, no, by all means please #rifle #shooting #airrifle

Instagramを引用するなどといういけ好かないことをやってみるが,今年初めてエアライフルを撃ちに行った。写真は学校にある射撃場の入り口(DURCとはDublin University Rifle Clubの略)で,外からはチャイムを鳴らさないと開けられないところが実に怪しい。

ライフル自体は2年ぶりの復帰なのだが,11発撃ったうち2発を除いてきちんと的の5点以上の部分に当てることができたし,まあまあブランクがあった割には上出来かと思う。ただ,私は痛恨のミスを犯した。女スナイパーの矜持にかけて(誰だよ),引き金にかける指にはきちんとネイルが施されているべきであった。次回からは美しく彩られた爪で撃ちに行こうと思う。何事も形から入ることが肝心である。

ちなみにInstagram前は楽しさがさっぱりわからなかったが,最近はフォローしてくれる友達が増えたことなども手伝って少し楽しくなり,割と頻繁にアップするようになった。内容は実にくだらない。オシャレツールだと思うから身構えるし,自分にそぐわない気取った内容を投稿してしまったりなどして自己嫌悪に陥るのだ,ということがだんだんわかってきた。私は私らしく,アホなことを言っていればよいのだ。

この真理に気づく前の私の投稿,たとえばこちら。

https://instagram.com/p/u8r_fgDzFL/

本日ビストロごはん!おひとりさま!

ビストロで食事をしたことなどわざわざ報告するこのいやらしさ。しかし私のスマホのダメダメなカメラの性能にも関わらず,写真はいい感じである(自画自賛)。

そして,真理に目覚めたのちの私の投稿がこちら。

https://instagram.com/p/6pH8DAjzBd/

ジャニーズショップの袋に入れるのに最も似つかわしくない1冊

この写真は割と気に入っている。衝撃のアウシュビッツ体験記である『夜と霧』は,間違いなくジャニーズショップの袋に入れて持ち運ぶのには最も似つかわしくない1冊であろうと自信がある。下の方に透けて見えるのは,もちろんジャニーズショップで写真を購入したレシートである。「ハンザワアカツキ」。

ついでに,写真のキャプションにタグを付けるなどという,さらに一段階気取ったことはごくごく最近始めたのだが,今日「#rifle」のタグを試しにたどってみると,なかなかミリオタの香りが芳醇であった。というか本職の兵士っぽい人もいるように見受けられたのだが,……もしかしてこのタグ,外した方がいいかしら。