読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節度を守ってジャニオタを楽しみたいものですね

amnosohmy.hatenablog.com

私,もう,唖然としまして。尾崎全盛期からすでに30年ほど経過していると思っていたが,2016年の今なお,こんな尾崎ナラティヴが元気に生存していたとは。なんかやたらと長いので手短に要約すると,

学校を早退して嵐のコンサートに行ったら学校にバレた。反省文を書けと言われ,人を小馬鹿にした反省文を書いた。ひゃー,私悪いわー。するとそれが学校で話題になった。ひゃー,私目立ってるわー。で,それをブログに書いたらこんなにたくさんの人に読まれた!私,時の人!フフー!

という感じである。

この高校生のやったことや発言等々については,うーん,なんかもう,別にどうでもいい。いや,正確に言うと,どうでもよくなった。この記事を読んだときには腹も立ったが,まあ,こういう「そもそもやってはいけないことを,悪いこととは重々自覚しつつも平気でやり,あまつさえそれを堂々と公表する」ファン,多いし。*1そしてこういう方々に,いくら高校生が平日に,それも学校を早退しないと行けないようなコンサートのチケットを取ること自体がおかしいのだと諭しても話にならない。もうこの文章を見れば明らかな通り,もはや怒られたことなど,露悪モードに入っている彼女にとっては勲章にしかなっていない(「みなさんこんにちは!非行少女です!」)。とりわけ「大人の言う『素直』って、自分の思い通りになれってことですか??<中略>立派な大人でも立派な子供でもないこの微妙な年齢を憎んだ」という一節にいたっては,もう感動すら覚えた。なんというステレオタイプなナラティヴであろう。一言だけ言うなら,「立派な大人でも立派な子供でもないこの微妙な年齢」だからこそ,君の幼稚きわまりない言動がその程度の罰則で許してもらえているのだよ。立派な大人だったら,下手すりゃ失職しかねませんからね。

ただ,どちらかというと私がひっかかったのは,「生徒指導係の優しい先生」が言ったという,「俺なら有給使っていくね」「全然反省していない反省文読んだよ。<中略>熱意が伝わったよ。俺もコンサート行きたくなったよ」というお言葉。こういう,生徒に媚びを売るタイプの教師,いますよね。株上げたいもんだから擦り寄ってきて「他の大人ってアタマ固いよな!俺はわかってるよ!気にすんなよ!」アピールをしてくる感じの。しかも,中高とかに多いですよね。生徒の多感な年齢を逆手に取ってね。私は個人的にこういう教師があまり好きではなかったが,まあ,いましたよね。卒業してからもやたらと馴れ馴れしくFacebookでつながろうとしてきたりね。ただ,こういうタイプの人を,生徒指導係に任命したのはどう考えても間違いでしょう。職務を全うして,彼女を厳しく罰さざるを得なかった他の立派な生徒指導係の先生方を,とてもお気の毒に思う。これは昔から思っていたのだが,学校の先生って,個人的には本当はどうでもいいことだってあるだろうに(学校をサボって嵐のコンサートに行くなんて,まさにその筆頭であろう),職務上,それも真剣に,叱らなければならないというのがお気の毒に堪えない。*2必死に叱ったら小馬鹿にされて反抗されて,挙げ句の果てに武勇伝みたいに公開されたら,たまったもんじゃないよなと思う。

そして,さらに驚いたことは,冒頭に要約した通り,この女子高生の記事が話題になっていたということだ。しかも,「潔い」とかなんとか,好意的なコメントとともに。若者が反抗的な態度を取るのが称賛される時代は遠い過去のことかと思っていたが,違ったようだった。なんなの,みなさん80年代ノスタルジアなの?まあ,同じ若いジャニオタ同士が称賛するならともかく,ひうらさとる先生のような影響力のある方までこの少女を称賛なさるのはどうかと思う。学校をサボってコンサートに行って,それがバレたら開き直って周りの大人たちを愚弄するようなことをして,あまつさえそれをこんな風にインターネットに公開して見せびらかすことは,称賛すべきこととは私にはとても思われない。彼女の行為そのものよりも,私は周りの大人が彼女をおだて,助長していることに辟易する。こういうことを言って子供に阿る大人がいる限り,そりゃ調子に乗るよな。

たまにAskなどなどで,「学業とジャニオタの両立方法を教えてほしい」などと聞かれることがある。私に聞かないとわからないことなのだろうかと思うのだが,両立できないなら,当然,ジャニオタを諦めるべきでしょうね。理由は簡単なことで,やるべきことをやらない人間に,やりたいことをやる資格はないからです。件の高校生にとってわかりやすい嵐の例で例えてみると,二宮和也さんは仕事をサボってゲームをしますか。大野智さんは仕事をサボって釣りに行きますか。あなたが幼稚な理屈を並べ立ててコンサートを観に行ったのは,立派な大人のプロフェッショナル集団だ。私ならファンである以上,そのタレントが恥じるようなファンにはなりたくないものですね。そもそも,なにか後ろめたいことをしてコンサートに行ってもまったく楽しくないし(私はね),個人的な結論としてはやっぱり,節度を守って無理なくジャニオタをやりたいもんですね,ということになるだろうか。

*1:参考までに,ジャニーズ野球大会を観戦したお友達のツイート。

*2:これは,私自身が教えるようになってから思うことでもある。課題の提出期限に遅れそうで必死に言い訳してくるとか,正直言って,知らんがなとしか思わない。